経営者の悩みに寄り添い、
しっかりと
サポートします。

毎月の試算表や決算書だけを見て、状況を判断できる方は少ないのではないでしょうか。
その原因は、試算表や決算書が点(時点)でしか見る事が出来ないからです。
例えば、毎年受けている健康診断の結果を年に1回見たところで、昨年より良くなっているか悪くなっているかはわかりません。しかし、これを1年前、2年前の結果と並べて見てみると、改善しているのか悪化しているのかは一目瞭然です。会計も同じで、企業の健康診断書たる試算表とその他の諸分析数値と並べてみる必要があります。

日本国内のすべての業種が飽和状態に達しています。このまま放置すれば、良き将来を望むことはできないのを先取りして、日本国内では新しい試みをしています。それが経済産業省の経営革新等支援機関の支援事業です。この支援事業は、主に財務・補助金・優遇税制などの分野を通して、企業に資金繰りや財務負担の軽減をするため、新たに企んでいる国の制度です。年々予算を増し、その効果を高めたいために、制度も高めるため、国家予算を100億円も投入して次期の経済成長を促す原動力を育てようとしています。
それには、高額設備投資の応援、事業開発援助金、財政援助、優遇税制などがありますがその申込みは経営計画の内容によって、合否が点数制で決定します。立派な計画を立てて、これらに挑戦するには、そのノウハウを御社と共同で作成する経営計画書が必要です。
認定承認をうけている支援業者のみが、そのサポートの恩恵を受けられます。

取扱業務
  • 財務・補助金・優遇税制など
    申請支援
  • 電子帳簿保存申請代行
  • 帳簿・取引関係書類の整理
  • 各種書類のスキャニング
    1. 仕訳帳や総勘定元帳などの日々の帳簿(国税関係帳簿)
    2. 貸借対照表や損益計算書などの決算で作成する書類(決算関係書類)
    3. 契約書や請求書などの自らが作成した取引時の書類(取引関係書類)
    4. 契約書や請求書など相手からもらった書類(取引関係書類)

経営サポートのお悩みを解決に導きます

経営についての悩み
  • 経営者に近い存在として専門家をおきたい
  • 運転資金が不足している
  • 経営の右腕になってくれる税理士を探している
人事についての悩み
  • 全体の生産性が上がらない
  • 優秀な人材が辞めていく
  • 人事制度と育成の仕組みが連鎖していない

経営サポートのご相談や
サービス費用に
ついてのご連絡は
お気軽にどうぞ

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

私たちの経営サポートに
対する考え方

複数の事業や会社を合併させたり、分離させたりすることの総称として、M&Aがあります。
自社の体制を修正したり、強化したりする場合に非常に役立つ手法と捉えています。
お客様の事業が発展していく過程にでは、いくつかのターニングポイントがあります。
・新規事業を立ち上げる
・競争力のない事業から撤退する
・同業他社と提携をして相乗効果を狙う
・複数事業から取捨選択をしてグループ経営を構築する
・後継者に事業を託す
このような場面では、会社が経営戦略として、十分に検討する必要があります。
また、資金繰り、財務保証、補助金などの申請をするときには、絶好のタイミングとなります。
複数の事業や会社を合併させたり、分離させたりすることの総称として、M&Aがあります。
自社の体制を修正したり、強化したりする場合に非常に役立つ手法と捉えています。
お客様の事業が発展していく過程にでは、いくつかのターニングポイントがあります。
・新規事業を立ち上げる
・競争力のない事業から撤退する
・同業他社と提携をして相乗効果を狙う
・複数事業から取捨選択をしてグループ経営を構築する
・後継者に事業を託す
このような場面では、会社が経営戦略として、十分に検討する必要があります。
また、資金繰り、財務保証、補助金などの申請をするときには、絶好のタイミングとなります。
このようなことを成就するためには、人財がもっとも大切となります。
自社の経営データを分析し正しい戦術を計画する。目や耳で得た情報を駆使し、本や雑誌から得た情報をどこまで信じていいのか、自分で判断をするにはあまりにも微妙に条件が違うし、全面的に信じる要素が少ないと思います。
目で見える数字以外で、経営者の悩む「人の問題」の相談に乗ることが多くあり、一緒に悩んで解決する方法を導いています。
お困りごとは、お気軽にご相談くださいませ。
このようなことを成就するためには、人財がもっとも大切となります。
自社の経営データを分析し正しい戦術を計画する。目や耳で得た情報を駆使し、本や雑誌から得た情報をどこまで信じていいのか、自分で判断をするにはあまりにも微妙に条件が違うし、全面的に信じる要素が少ないと思います。
目で見える数字以外で、経営者の悩む「人の問題」の相談に乗ることが多くあり、一緒に悩んで解決する方法を導いています。
お困りごとは、お気軽にご相談くださいませ。