経営サポート

電子看板は、集客効果は抜群なのでしょうか!?

昨今では、地下鉄の駅での柱はデジタルサイネージとなり、電車が来るタイミングや
掲載する時間帯の広告などで、画像や動画などで掲示されているものを多く見受けられます。

デジタルサイネージとは、ディスプレイなどを使ってあらゆる情報を提供する機器や手法で、駅や百貨店、病院などで幅広く使われています。活用される理由としてどんなメリットがあるのかをお伝えします。

デジタルサイネージには以下のようなメリットがあります。

◎ディスプレイなので発色性がよく視認性が高い(4K化8K化など画質はさらによくなる)
◎動画が使えるので表現の幅が広がる
◎複数枚の静止画を切り替えて表示できる(ループ表示できる)
◎時間帯や天候などの条件によって情報を変えて発信できる
◎ポスターや看板のように貼り替えたり付け替えたりする必要がない(手間がかからない)

デジタルサイネージは、多くの情報を視認性が高い方法で手間をかけずに発信できる上、
時間帯によって掲示内容を変えることが可能です。例えば駅の構内に設置するディスプレイであれば、朝の通勤時間帯には一日の活力を訴求するような商品を映し出し、夕方の帰宅時間帯には自宅でリラックスできるサービスをPRすることで、広告効果を高めることができます。デジタルサイネージはITを駆使した最先端のメディアの1つで、近未来のポスターや未来の看板というわけです。

 

わたくしどもの事務所でも、駅から見える電子看板を刷新しました。デジタルサイネージではないのですが、文字を動くタイプで、昼間でもクッキリと見ることが可能です.

文字数が少なくて、何を言いたいのかがわからないという方もいますが、
兎に角、宣伝効果は抜群なのです。

 

 

お知り合いの方で顧問税理士をお探しの場合や単発の税務相談をされたい場合は下記よりお問い合わせください。
親身になって【社長さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

フリーダイヤル 0120-296-316(ツクロウ ザイム 作ろう、財務)

  • Twitter
  • Facebook

経営サポートサービスについて

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

経営サポートサービスを
詳しく見る