経営サポート
その他・お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する中小企業支援について

新型コロナウイルス被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

この未曾有の事態に、個人飲食店や中小飲食店に関わる全ての企業や関係者の皆様におかれましては、通常営業ができない、仕入ができない、運営ができないといった厳しい状況下にあるかと思います。

 

連日のニュースでは、どのエリアに感染者が増えただの、マスク品切れがつづいているなどといった報道が多くされています。

実際は、どうすればいいんだよというお客様の声なども聞きます。
さらに、経営者の方は、もっと深刻です。一般の方々が外出を控えているので大幅に売上がおちてしまっているのです。

 

その中でもとくに飲食店は、悲鳴をあげている状況です。ひとくちに飲食店といっても
いろんなタイプがありますが、私の知る限りでは、おしなべて2割〜3割の売り上げ減は
当たり前で、特に2月からの売上は半分以下になってしまった店舗も多くあります。

 

3月といいますと卒業式シーズンで、謝恩会や歓送迎会などといった団体客ものきなみキャンセルとなり、大打撃となっているようです。

また、小中学校が休みとなったせいで、パートの方が出勤できなくなり、人手不足になってしまったこと。パートの方も大変で、その働けなかった分の給与がさがり、予定していた金額を得られない事態となっているとのことです。まさに双方Wピンチというところです。

 

まだ、感染はしていないものの、消毒作業やその準備といったところでそれでもいえることは、ほとんどの飲食店は混雑しているどころか閑散としていること、そして、混雑していないので人が密集していないことです。飲食店だけではなく、普段は人々で賑わう高級ホテルのロビーでさえ、人がほぼ見当たりません。

 

さまざまな状況下のなかで、勝機を見出し、デリバリーを始める添付なども増えているようです。ネット通販やデリバリーなどを利用し、外出をせずに食事を楽しむなど、家の中のみで消費者をターゲットに売上をなんとかリカバリーするなど工夫をしている経営者の方もいるそうです。

 

このような事態を持ち堪えられるように早急にさまざまな形のサポートが発表されています。補助金・助成金活用でピンチを乗り切ってもらいたいものです。

 

新型コロナウイルス感染症関連による企業への影響を緩和し、企業を支援するための支援が、
経済産業省より案内されています。

 

まだ、申請の手続き方法などは掲載されていないようですが、最新情報を確認してご相談されることをお勧めいたします。

その他、ご不安なことがございましたら、お気軽にご連絡いただければと存じます

 

経済産業省のサイトにて最新情報を確認してください。

https://www.meti.go.jp/covid-19/

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Twitter
  • Facebook

経営サポートサービスについて

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

経営サポートサービスを
詳しく見る