相続・事業継承

遺産を相続できる割合は決まっています。

遺産相続の割合
遺産を相続できる割合は決まっています。

相続する割合のことを「相続分」といい、被相続人(亡くなった人)が遺言によって、相続分を決めていた場合、その内容に書かれた財産の割合が優先されます。

遺産を相続できる割合
遺言がない場合、相続人が集まって話し合い、分割方法を検討して決めることになります。

このとき、全員が合意すれば問題はすぐに解決するのですが、決まらない事の方が多いかもしれません。

そこで民法により、相続できる割合が決められています。これを「法定相続分」と言い、これは以下のように定められています。

(1)第1順位の相続人
被相続人に、子あるいは子の代襲相続人(=孫)がいる場合。
なお、配偶者は、常に子と同じ順位での相続人です。

(2)第2順位の相続人
第1順位の相続人がいないとき( 親より子が先に亡くなった場合など)は、第2順位の相続人である直系尊属(父母・祖父母)と配偶者が相続人となります。

(3)第3順位の相続人
被相続人の両親が亡くなっていて、なおかつ兄弟がいるような場合(第1順位および第2順位の相続人がいないとき)は、第3順位の相続人である兄弟姉妹(またはその代襲相続人=おい、めい)と配偶者が相続人になります。

相続順位    法定相続人                 法定相続分
第1順位    配偶者と子                 配偶者1/2  子1/2
第2順位    配偶者と直系尊属     配偶者2/3  直系尊属1/3
第3順位       配偶者と兄弟姉妹     配偶者3/4  兄弟姉妹1/4

基本的に被相続人が遺言書で定めた指定相続分の方が、法定相続分よりも優先されます。

相続にはそれぞれの家庭によってさまざまな事情があります。
特定の相続に被相続人の介護の負担が偏っていたり、ある相続人だけが多額の生前贈与を受けていたりするケースも少なくありません。

相続に関するご質問など、お気軽にご相談ください
お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316までお電話ください

  • Twitter
  • Facebook

相続・事業承継サービスについて

中小企業の経営者を年代別で分類すると、60~70代が一番多くなっています。そのため、現在経営している中層企業の事業承継を行うことが喫緊の課題となっています。しかし、その課題を解決できていない中小企業の経営者がたくさん存在しているのが現状です。そのような課題に対し、長年の知見を活かして課題解決を行うサービスを提供しています。

相続・事業承継サービスを
詳しく見る