相続・事業継承

絶対原則が崩れる!?財産が自分の意思で動かせなくなる時とは?

自分の財産は自分の意思で何とでもなります。
売ってもよし、人にあげてもよし、捨ててもよし。

これは憲法でも定められている【国の決まり(※憲法第29条)】です。

「減らさない」、「凍結させない」、「揉めごとを起こさせない」これが財産権の絶対原則です。
しかし、この絶対原則が崩れ、自分の財産を自由にできない場合があります。

自分の財産が自分の意思で動かなくなる時とは、

・痴呆症になった時
・精神的疾患になった時
・未成年者の時
・死亡した時

の4つが上げられます。

このように財産を自由にできなるなる前に、事前に遺言書を作りましょう。
しかし、たとえ遺書があっても、伝家の宝刀【遺留分の減殺請求】を行うことで、この所有権の絶対的原則は砕かれてしまう…

これが厄介です。

こうなってしまうと、この状況を補助、補佐する方法はありません。
これでは救いにはならない…

だから、そうなる前に事前対策が必要なのです。

相続に関するご質問など、お気軽にご相談ください
お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316までお電話ください。

  • Twitter
  • Facebook

相続・事業承継サービスについて

中小企業の経営者を年代別で分類すると、60~70代が一番多くなっています。そのため、現在経営している中層企業の事業承継を行うことが喫緊の課題となっています。しかし、その課題を解決できていない中小企業の経営者がたくさん存在しているのが現状です。そのような課題に対し、長年の知見を活かして課題解決を行うサービスを提供しています。

相続・事業承継サービスを
詳しく見る