相続・事業継承

相続手続きは一生のうち何度もあることではありません。

相続手続きは一生のうち何度もあることではありません。 しかし、悲しみや疲労が癒える間もなく、いくつもの相続手続きを行わなければなりません。 相続手続きは、数年ごとに変わる法律や制度に対応しなければならず、期限が決まっているものも多くあります。 手続きが遅れてしまうと滞納税がかかったり、減税の優遇規定が受けられなかったりしますので、注意が必要です。 相続とは、亡くなった人の配偶者や子などが遺産を引き継ぐことです。 相続人とは、遺産を引き継ぐ者。 そして被相続人とは、亡くなった人のことをいいます。 一般的には、戸籍に記載された死亡日が死亡のときと推定され、死亡日が相続がスタートする日です。 相続が発生した場合の次の流れをご覧ください。 相続税の申告まで相続発生から10ヵ月あります。 時間的に余裕があるように見えますが、思いのほか多くの事務手続きがあり、案外短いものです。 段取り良く進めていかなければなりませんので、事前の対策や準備、遺産の名義変更も含めて、専門家にご相談ください。

ただいま、無料相談を受け付けております

お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316まで お電話ください

  • Twitter
  • Facebook

相続・事業承継サービスについて

中小企業の経営者を年代別で分類すると、60~70代が一番多くなっています。そのため、現在経営している中層企業の事業承継を行うことが喫緊の課題となっています。しかし、その課題を解決できていない中小企業の経営者がたくさん存在しているのが現状です。そのような課題に対し、長年の知見を活かして課題解決を行うサービスを提供しています。

相続・事業承継サービスを
詳しく見る