相続・事業継承

相続できる人が決まるまで

相続できる人が決まるまで
「誰が相続人か?」と言い争いを避けるために、
法律で「相続できる人」が定められています。

この相続できる相続人のことを、民法では「法定相続人」と呼びます。

法定相続人は、大きく分類して2種類。配偶者(婚姻の相手)と血族相続人に分けられます。

法定相続人 種類
配偶者    ・・・配偶者たる相続人
子     ・・・ 血族相続人
父母、祖父母 ・・・ 血族相続人
兄弟姉妹 ・・・ 血族相続人

最初に、被相続人の配偶者は、常に相続人になれます。

そして婚姻の期間は関係なく、例えば結婚して1カ月後に被相続人が亡くなったとしても、相続人となることができます。

配偶者の他に相続人となるべき人がいない場合、配偶者だけが相続人となります。

被相続人(過去に離婚経験あり)の元配偶者は、相続人となることができません。
ただ元配偶者との間に子供がいた場合、子供は相続人になります。

また配偶者とは、民法で決められた被相続人の夫や妻であって、内縁の夫や妻(愛人)は該当から外れます。

法定相続人になれる”順位”が、血族相続人には決められています。

第1順位 直系卑属(子・子の代襲相続人〈孫〉)
第2順位 直系尊属(父母・祖父母)
第3順位 兄弟姉妹・兄弟姉妹の代襲相続人

子は、「嫡出子(ちゃくしゅつし)」と「非嫡出子」に分類されます。

「嫡出子」は、婚姻関係にある男女の間に生まれた子ども(実子)と養子を指します。
「非嫡出子」とは、法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子です

非嫡出子が相続人となるには、父子関係の場合、父親が認知した子供だけとなり、これは遺言によっても行えます。
一方、母子関係の場合、分娩したという事実を証明することが必要となります。

次回は、遺産相続の割合について、お話しします。

相続に関するご質問など、お気軽にご相談ください
お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316までお電話ください

  • Twitter
  • Facebook

相続・事業承継サービスについて

中小企業の経営者を年代別で分類すると、60~70代が一番多くなっています。そのため、現在経営している中層企業の事業承継を行うことが喫緊の課題となっています。しかし、その課題を解決できていない中小企業の経営者がたくさん存在しているのが現状です。そのような課題に対し、長年の知見を活かして課題解決を行うサービスを提供しています。

相続・事業承継サービスを
詳しく見る