相続・事業継承

新・事業承継税制がわかる | 相続税・贈与税ゼロで事業承継‎

平成30年度税制改正で、抜本的に拡充された事業承継税制
時限措置として新たに設けられた新制度の概要、適用要件、注意点など、重要ポイントを図解でやさしく解説します。

*平成30年2月に、税制改正法案が国会に提出されたことにより明らかとなった事項について、加筆修正しています。
*平成30年3月に、改正後の関係政令、省令、経営承継円滑化法の省令が公布されたことにより明らかになった事項について、加筆修正しています。

制度改正の背景

中小企業の事業承継が喫緊の課題であり、日本経済に与える影響が非常に大きいことを、国は明確に認識しました。
経営者の高齢化が急速に進展しており(年齢分布のピークが60歳代半ば)、これを放置すると10年間で約650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われると試算されています。

しかし、これまでの事業承継税制は、制度ができて8年ほど経過していますが、これまでの累計で全国で1,965件にすぎませんでした。

今回、平成30年度税制改正により、この深刻な事業承継問題に対処するため、事業承継税制の特例措置を時限的に創設することで、世代交代を後押しすることになりました。
具体的には、今後5年以内に承継計画を提出し、10年以内に実際に承継を行う経営者を対象に、現在の事業承継税制を抜本的に拡充した新制度を創設されました。

この制度を有効に活用することで、多くの中小企業のより円滑な事業承継を可能にします。

事業承継に関するご質問など、お気軽にご相談ください
お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316までお電話ください

  • Twitter
  • Facebook

相続・事業承継サービスについて

中小企業の経営者を年代別で分類すると、60~70代が一番多くなっています。そのため、現在経営している中層企業の事業承継を行うことが喫緊の課題となっています。しかし、その課題を解決できていない中小企業の経営者がたくさん存在しているのが現状です。そのような課題に対し、長年の知見を活かして課題解決を行うサービスを提供しています。

相続・事業承継サービスを
詳しく見る