相続・事業継承

「相続財産の分割」は、相続時の悩みや問題の中でも比重の大きいものの一つです。

「相続財産の分割」は、相続時の悩みや問題の中でも比重の大きいものの一つです。

相続の時に争いとなりやすいのはこの相続財産の分け方です。相続人の間で少しでも良い条件の財産を取得するため、争いごとを起こしたり、感情的にいがみ合ったりします。

父が子供達の幸せを願って残す財産です。何とか円満に相続する方法は無いものでしょうか。

この対策の一つとして「遺言書」があげられます。しかし、この「遺言書」の効果は万全でしょうか。幾つか問題点もあるようです。


今回はこの問題点について考えてみましょう。

① 遺言書の作成の日付は大切。

遺言は相続人の法定相続分を変更出来る唯一の方法ですので、作成に関しても法的にいろいろ定められています。その中でも作成日付を明記する事は重要です。
複数の遺言書が存在する場合、遺言は遺言者の最終意思表示と言う事から、日付が重視されます。最新の日付の遺言書が一番新しい遺言書として優先されます。

② 遺言書に全財産を表記せず一部だけは争いの元
例えば、「自宅の土地は三男の○○○に相続させる」と言う文言だけだった場合、これを「一部遺言」と言い、この一部遺言により色々な解釈が生まれます。

1, 他の財産はどうするのか、相続人の間で勝手に話し合って決めろと言う事なのか。
2, 一部遺言で指定された財産の解釈が分かれる。
  三男の○○○は「自宅の土地」以外は相続出来ないのか。
  三男の○○○は法定相続分プラス「自宅の土地」が相続出来るのか。

折角、後々の相続による争いごとを避けようと作成した「遺言書」であるのに曖昧な表記により、別の争いごとの種を作ってしまいかねません。

慎重に、作成したいものです。


相続に関するご質問など、お気軽にご相談ください

お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316までお電話ください。

  • Twitter
  • Facebook

相続・事業承継サービスについて

中小企業の経営者を年代別で分類すると、60~70代が一番多くなっています。そのため、現在経営している中層企業の事業承継を行うことが喫緊の課題となっています。しかし、その課題を解決できていない中小企業の経営者がたくさん存在しているのが現状です。そのような課題に対し、長年の知見を活かして課題解決を行うサービスを提供しています。

相続・事業承継サービスを
詳しく見る