会計・税務

経理と会計と財務の違い

わたくしどもの事務所に、面接にくる方へ必ずお話することがあります。

それは、「経理」「会計」「財務」の違いをお伝えしています。
会社のお金の動きを理解し、計算して、現状を把握したり社長様の未来を見据えて数字の予測をしたりそれを基に事業計画と一致しているかを比較していくわけです。

 

こういったお金の管理や計算のことをなんと呼ぶのでしょうか?
大抵の社長様は、こういいます。

「そういったお金の動きは、経理に任せてあるよ」

しかし、会計と経理と財務は似ているようで意味が違います。
そして、会社が大きくなるほどこの3つの言葉は明確に違うものになっていきますし、会社経営の中で社長であれば、意味を間違って使ってはいけないのです。

会計とは。。。

家計簿などを連想するとわかりますが、会計の本来の意味は「お金の出入りを帳簿などに記録すること」です。お金と物の交換によってお金が増えたり、物が減ったりすることを記録することも会計にあたります。

 

経理とは。。。

正式には経営管理の言葉の略称です。会社の中に経理部があっても、会計部というのはあまり聞いたことがないと思います。
経理は、会計の中のお金の処理のひとつなのです。

会計の中でも、伝票の記票、帳簿記帳、請求、支払、税金の申告、決算書の作成などが経理の仕事になります。
つまり、会社のお金の流れを収集して、決められたルールで体系化したもの、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの処理を計算書類にすることが経理となります。

 

財務とは。。。
財務の仕事は、企業の資金調達(銀行融資、株式発行)予算管理、資金運用などです。
金融機関と説教するための専門知識と先を見据えた計画実行能力が必要になります。

中小企業においては、社長様自らが折衝にあたるケースがほとんどかと思います。
経理は会社から出ていく経費や利益の算出を担当し、財務は事業活動に必要なお金を集めて管理をする業務となります。

中小企業の社長様だけでなく、経理担当者の方もお金の流れとともに
全体を理解していきたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせください

 

 

お知り合いの方で顧問税理士をお探しの場合や単発の税務相談をされたい場合は下記よりお問い合わせください。
親身になって【社長さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

フリーダイヤル 0120-296-316(ツクロウ ザイム 作ろう、財務)

  • Twitter
  • Facebook

会計・税務サービスについて

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

会計・税務サービスを
詳しく見る