会計・税務

税理士と契約すると、どんな得があるのか・・・?

会社を経営していると必ず出てくるお金の悩み。

会社が小さかったり売り上げが少ないうちは、経理業務を経営者自身でやれますが、事業が伸びてくると経理業務に時間をかけるのがもったいない、本業に専念したいと思うようになるはずです。

 

そこで考えるようになって必要になってくるのが税理士との顧問契約 。

 

顧問契約とは、毎月もしくは年間で顧問料を支払うことで、税務の専門的な指導やアドバイスを受けるための契約のことです。

 

税理士と顧問契約を結ぶことで、

・税務代行

・税務書類の作成

・税務相談

などの業務を依頼することができます。

 

では、税理士と契約すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

まず、税理士は、最新の税制情報を元に節税につながる行政の施策に詳しいということです。

例えば、相続であれば平成31年度に大幅な税制改正がありました。大雑把にいうと税金の猶予制度になります。

○○○すれば、○○○になって優遇措置が図れますなどといったことになります。

 

こういった情報を自力で集めることは、至難の業になりますし、時間も手間がかかります。

節税のための申請手続きは、非常に複雑な手順を踏むことが必要であり、専門家に任せた方が無難かと思います。

 

お知り合いの方で顧問税理士をお探しの場合や単発の税務相談をされたい場合は下記よりお問い合わせください。
親身になって【社長さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

フリーダイヤル 0120-296-316(ツクロウ ザイム 作ろう、財務)

  • Twitter
  • Facebook

会計・税務サービスについて

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

会計・税務サービスを
詳しく見る