会計・税務

会計事務所に帳簿作成を頼むデメリット

会計事務所の帳簿作成を頼むメリット以上にデメリットも存在します

経理を丸投げすることの5つデメリット

 ●試算表の完成が遅い
 ●丸投げをしてもラクにはならない
 ●試算表の内容がわからない
 ●数字を読めるようにならない
 ●記帳代行分、税理士報酬が高くつく  の5つが挙げられます。

その①ーー試算表の完成が遅いーー
次のデメリットとも関連しますが、税理士が試算表を作成するためには元となる
「資料」が必要になります。

試算表作成・報告の流れとしては、お客様から資料を預かる(通帳のコピー、売上データ、仕入データ、経費の領収書など)会計事務所で入力(不明点があれば連絡、解消し、試算表に反映)

会計事務所で月次分析・月次報告書の作成
お客様へ報告(訪問・メール・郵送・電話など)
という過程になります。タイムリーな経営判断が出来なくなります。

その②ーー丸投げしても100%手が離れるわけではないーー
会計帳簿を作成するためには、元となる「資料」が必要となります。
丸投げするから資料はごちゃごちゃでもいい、このような考え方である場合は
しっかり整理するように意識しましょう。

その③ーー試算表の内容がわからないーー
試算表は、日々の会計帳簿を集計したものです。現金で支払ったものは「現金」、インターネット代・スマホ代は「通信費」など。
記帳代行を会計事務所が請け負う場合、内部のオペレーションとして勘定科目(支出の属性)はある程度型にはめて作成します。
丸投げをして単純に試算表が送られてきても、どこに何が集計されているかわからず、経営判断の指標に使えないといったことにもなりかねません。

その④ーー数字を読めるようにならないーー
数字は活用してこそ意味があります。
過去の試算表を見ても、結果こうでしたね、ということになります。

現在、そして未来に生かしていくためには過去の数字を分析し、現状・予算とすり
合わせていく必要があります。しっかりと試算表の数字を把握してこそ、数字が
読めるようになっていきます。
色々な指標で分析するより、まずは中身をしっかりわかることが重要です。

その⑤ーー記帳代行分、税理士報酬が高くつくーー
経理を雇わないで税理士へ記帳代行をお願いする方が、費用は安く済みます。
しかし、税理士報酬は記帳代行は別途請求としているところも多くあります。
税理士報酬を下げたいと考える場合には、記帳代行は自社で行うことをオススメします。

 

記帳代行によるメリット・デメリットをお話させていただきました。
とはいえ、自社で経理を行うとなると、簿記の知識が必要・経理を雇う必要がと
思われるかもしれません。
今では、MFクラウド会計・確定申告、freee、弥生会計オンラインなどクラウド会計と
呼ばれる会計ソフトが出てきました。

クラウド会計の最大の特徴は、通帳のデータ、クレジットカードの明細、売上データ、
経費データなどを自動で取り込めるようになったことです。そのため、簿記の知識が
なくても連携さえしっかりできてしまえばある程度の会計帳簿が出来上がるというものです

 

お知り合いの方で顧問税理士をお探しの場合や単発の税務相談をされたい場合は
下記よりお問い合わせください。 
親身になって【社長さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

フリーダイヤル 0120ー296ー316 (ツクロウ ザイム 作ろう、財務)

  • Twitter
  • Facebook

会計・税務サービスについて

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

会計・税務サービスを
詳しく見る