会計・税務

インターネットバンキングの利用法!メリットとデメリットは何?!

インターネットバンキングとは、いつでもネット上で残高確認や振り込みの設定ができる便利なサービスです。ただ、不正利用などセキュリティへの不安から、利用をためらう人もいるかもしれません。

どういったものなのかをメリット・デメリットを含めてご紹介します。

 

インターネットバンキングとは、銀行での取引をインターネットで行うことです。銀行により違いがありますが、インターネットで利用できる主な取引には次のものがあります。

 

  • 残高照会
  • 入出金明細の照会
  • 振り込み
  • 振り替え
  • 定期預金の預入や解約
  • 外貨預金の預入や解約
  • 投資信託の購入や解約

 

インターネット取引専用のサイトから入力することで様々な取引ができて非常に便利です。また、最近ではスマホアプリでの認証も行え、始めやすさのハードルは一段と下がりました。

 

最大メリットは、取引内容をスマホで確認ができることです。したがって、わざわざ銀行のATMに並んで通帳記帳を行うことがいらないのです。通帳記帳に行く時間がない、面倒だという人は自宅のパソコンやスマホで、いつでも好きなときに残高や入・出金明細の照会ができるので、忙しいときや天気が悪くて外に出たくない日などはとても助かります。

「引き落としがあるけど残高が足りるかな?」とか「お金が予定通り入金されているかな?」というときは、すぐ解決できて安心です。さらに、家計簿ソフトや会計ソフトなどと連携することで、現状がわかることも大きなメリットと言えます。

 

また、インターネットバンキングを利用すると振り込み手数料などが窓口よりも安くすむこともメリットの一つです

 

インターネットバンキングのデメリットは、IDなどを忘れてしまうと、たとえ本人であっても利用が一時的にできなくなってしまいます。

自分の口座なのにどうにもできないもどかしさと、コールセンターに連絡して事情を説明し、再度パスワードを設定するというわずらわしさがあります。

ネットバンキング用の口座を開くときには、IDやパスワードを忘れないようにしなければなりません。

 

各銀行ではセキュリティ対策を強化していますが、自分自身でもしっかり注意して、それぞれに合った形で使いこなしていきましょう。

 

 

お知り合いの方で顧問税理士をお探しの場合や単発の税務相談をされたい場合は下記よりお問い合わせください。
親身になって【社長さんの会社がもっと発展できる「提案」】を致します。

フリーダイヤル 0120-296-316(ツクロウ ザイム 作ろう、財務)

  • Twitter
  • Facebook

会計・税務サービスについて

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

会計・税務サービスを
詳しく見る