BLOGブログ

2018年06月14日

絶対原則が崩れる!?財産が自分の意思で動かせなくなる時とは?

NEWS ブログ



自分の財産は自分の意思で何とでもなります。
売ってもよし、人にあげてもよし、捨ててもよし。

 

これは憲法でも定められている【国の決まり(※憲法第29条)】です。

「減らさない」、「凍結させない」、「揉めごとを起こさせない」これが財産権の絶対原則です。
しかし、この絶対原則が崩れ、自分の財産を自由にできない場合があります。

自分の財産が自分の意思で動かなくなる時とは、

・痴呆症になった時
・精神的疾患になった時
・未成年者の時
・死亡した時

の4つが上げられます。

 

このように財産を自由にできなるなる前に、事前に遺言書を作りましょう。
しかし、たとえ遺書があっても、伝家の宝刀【遺留分の減殺請求】を行うことで、この所有権の絶対的原則は砕かれてしまう…

 

これが厄介です。

こうなってしまうと、この状況を補助、補佐する方法はありません。
これでは救いにはならない…

だから、そうなる前に事前対策が必要なのです。

 

相続に関するご質問など、お気軽にご相談ください
お知り合いの方がお困りの際は、是非お気軽にご連絡くださいませ

フリーダイヤル 0120-296-316までお電話ください。
村上孝夫税理士事務所

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-296-316